皆さま、こんにちは!バーソンです。

久しぶりの投稿となります。

全国各地で梅雨に入り、ジメジメと蒸し暑くもなり、いよいよ夏の到来ですね。



そろそろ皆さんも、愛犬やペットとの夏のおでかけに向けて色々と準備されているかと思います。

夏のおでかけには熱中症はもちろん、蚊によるフィラリアなど気をつけたいことがいっぱいあります。



今回は、私が夏のおでかけで取り入れている夏対策を紹介したいと思います。

まずは、なんといっても私のお出かけ必需品、エアバギーです!



愛犬と出かける時は1年中使っていますが、やはり夏の暑さ対策にカートは欠かせません。

皆さん何気なく歩いているアスファルトですが、夏場の表面温度がどのくらいになるかご存知ですか?



熱を吸収しやすい黒いアスファルトの 表面温度は なんと・・・60℃を超えることがあります。

裸足で歩くことがない私たちは忘れがちですが、そんな地面をじかに歩かせたら肉球を火傷してしまいますよね。



暑い場所を避けてペットカートに乗せてあげれば、アスファルトによる火傷対策はもちろん、地面からの熱の照り返しも和らげてあげることができるのです。熱中症予防にもなりますね。



さらに、通院などで気温の高い日中にどうしてもペットと一緒に外出しなければ行けない時、

コットの中には接触冷感のマットを敷いたり、大きめの保冷マットを中に入れてコット内の温度を下げる対策をしてます。

ひんやりと気持ち良さそう^^b



エアバギーの夏の人気アクセサリー『MESH COOLMAT(メッシュクールマット)』と、『COOL MAT(クールマット)』 のダブル使いです!



「メッシュクールマット」は、冷凍庫に入れてもカチコチに固まらない柔らかいタイプの保冷剤が2個セットされています。メッシュ素材のカバーは丸洗いOK。



適度にクッション性があって、コットに直接敷いても水滴が染みたりせずコット内をいい感じに冷やしてくれます。

『MESH COOLMAT(メッシュクールマット)』



もう一つの「COOL MAT(クールマット)」は接触冷感タイプのマットです。マットに接した部分から、熱を吸収・放出のサイクルを繰り返し自然に冷却されます。こちらは冷蔵庫で冷やしたり、中材を詰めかえたりする必要もなく経済的です。シャワーで洗えてお手入れもカンタン。

『COOL MAT(クールマット)』



また、エアバギーのコット内の側面には小さな「ミニポケット」がついていますので、その中に保冷剤を入れたり、最近はモバイルタイプのミニ扇風機を取り付けたりなど、いろいろ工夫して暑い夏場を乗り切っています。

・・・とはいえ、真夏の炎天下でのお出掛けは、ペットにとって命に関わるほど危険ということは覚えておいてください。

極力、太陽が出ている時間のおでかけは避けたいところです。

それでもペットを病院に連れて行かなければいけない方々はもちろん、

お散歩やご旅行を計画されている方々もいらっしゃるかと思います。

そういう時は、なるべく日陰を歩いたり、こまめにお水をあげたりして対策してあげて下さい。



大切なペットとおでかけを楽しむには、まずは私たちの意識をしっかりペット達に向けてあげましょう。

それでは、楽しい夏のおでかけを満喫して下さい。

もちろん、コロナウイルスの感染対策も忘れずに!