エアバギーペットのホームページをご覧のみなさま、こんにちは。

エアバギーPET&LIFE芦屋店スタッフの棚橋です。



外出自粛の日々が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今、時間がたっぷりとあるときだからこそチャレンジしたい「愛犬のデンタルケア」について

今回はご紹介したいと思います。

デンタルケアの前に、まずは簡単に愛犬の歯周病についてのお話を。



現在、一般的に3歳以上の犬の約8割!が歯周病にかかっていると言われています。

犬の口内環境は人とは違い、虫歯ができにくい代わりに『歯周病』になりやすいという特徴があります。



歯周病が厄介なのは歯周病を引き起こす細菌が口内だけにとどまらず、骨を溶かして顎が骨折してしまったり、細菌が血流に乗って全身に運ばれ臓器に悪影響を及ぼしてしまうこともあるという点です。



歯周病の原因は歯垢によるものです。

歯垢は単なる食べカスではなく、その約70%が細菌でそれが歯肉溝の中で増殖し、歯周病が起こります。



歯垢は約4日で石灰化し、歯石に変わります。

歯石自体には細菌は生きられず悪影響を及ぼすことはありませんが、歯石が付着すると歯の表面に凹凸ができて歯垢が付きやすく、細菌が増殖してしまう環境になる為、しっかりと取り除くことが大切です。



4日で石灰化➡歯石に・・・ということを考えると、

愛犬のデンタルケアで一番大切なことは「継続」することですね。



昨今では、飼い主さんの意識の向上とアイテム数の増加により、デンタルケアの必要性はしっかりと理解されてはきたものの、やり方が難しかったり、愛犬が嫌がったりと諦めている飼い主さんも多いのではないでしょうか。



私自身も今年で11歳になる愛犬、みんと(M・ダックス)がいますが、デンタルケアを始めたのはみんとが8歳の時、歯石取りを行なったことがきっかけでした。



それまでは口に触ることもできませんでしたが、動物病院で行われていたデンタル教室に通い、しっかりと練習することで歯ブラシでのデンタルケアができるようになりました。

なのでうちの子は成犬だから今更無理だわ・・・と諦めてしまっていた飼い主さんでも大丈夫。

今からでもデンタルケアは始められます!



まず、デンタルケアには大きく分けて3つの段階があります。

初級:おやつやおもちゃを使ったデンタルケア



中級:シートやジェルを使用したデンタルケア



上級:歯ブラシを使用したデンタルケア





物理的に歯垢を落としてくれる歯ブラシでのデンタルケアがもちろん理想です。



しかし、いきなり歯ブラシでケアすることはとっても難しい・・・

簡単なことから始めて徐々にケア自体に慣れてもらうことが一番の近道だと私は思います。



そこで今回は、はじめの一歩。

初心者の方向けの「お口に触ること」ができる方法をご紹介いたします。







基本的なトレーニングの流れは3つです。



① ごほうびを見せた後に「マテ」をさせる

① 口に触れる

③ ほめながらごほうびをあたえる

たったこれだけ。

口に触れる目安は5秒できればクリア!



しっかりと褒めてあげることで「口に触られること=ごほうびがもらえるいいこと」

と認識してもらうことが大切です。





また口に触れるようになったら



・上唇をめくる

・口の中に指を入れてみる(この時にジェルタイプのケアアイテムを手に塗って行なってもいいかもしれません)



といったトレーニングをしていき、慣れてきたらシートや歯ブラシを使ったデンタルケアにレベルアップ。



最初はもちろん、短時間で切り上げてもいいし、愛犬が嫌がればやめても大丈夫。

毎日の習慣にすることが大切です。



次回はシートや歯ブラシを使ったデンタルケアの方法についてもご紹介できればと思います。



食べることが大好きなうちの子のためにも一生おいしく食べられる歯を目指してぜひこのSTAY HOMEの機会に愛犬のデンタルケアを初めてみてはいかがでしょうか。





PET&LIFE本店・芦屋店では現在、デンタルケアアイテムの販売も行っております。

コロナウイルス感染拡大の影響を受け、全店臨時休業しておりますが、「毎日つながるエアバギー」のオンラインビデオ接客を行っております。

「毎日つながるエアバギー」の詳しい内容はこちら





エアバギー以外の愛犬・愛猫のこともお伺いしておりますのでお気軽にご相談ください。



毎日つながるエアバギーPET&LIFEストア

電話番号:050-5534-7757

営業時間:11:00~16:00